プチギフトに関する情報が満載!

結婚式にプチギフトは必要なの?

結婚式にプチギフトは必要なの? プチギフトは、結婚式や披露宴に出席していただいた方への感謝の印とお土産を兼ねて、ちょっとした贈り物として使います。
必要な品物ではないかもしれませんが、出席していただいてありがとうという気持ちの表れですので、ささやかな品物を渡すことで心が伝えられるので、用意した方がいいでしょう。
結婚式のプチギフトに使うのは、本当にちょっとした物で構いません。
もらっても困らないような物を選ぶといいでしょう。
上質で美味しいクッキーやチョコレート類を数個程度入った物にしてもいいですし、お洒落な石けんや入浴剤などのバス用品を1つだけ入れて渡してもいいでしょう。
食べ物なら、後々まで残らないように、お客に合わせるようにします。
年配のお客には、和菓子や軽い食感の薄めの煎餅が好まれることもあります。
また、バス用品であれば、男性はシトラス系のさわやかな香りにして、女性の場合は甘い香りのフルーツや花の香りにすると使えない物で困惑されることは少ないと思われます。
結婚式には、引き出物や引き菓子が付いていますので、プチギフトに大きな物や高価な物を渡しても恐縮されることがあります。
相手の負担にならないように、選ぶ際には気をつけてください。
重くないものや持ち帰るのに邪魔にならない程度の品物を選ぶのがおすすめです。

結婚式でプチギフトを渡すタイミングとは?

結婚式でプチギフトを渡すタイミングとは? プチギフトは、結婚式に参列してくれた人に感謝の気持ちを伝えるものとして人気です。
渡すタイミングとしては、披露宴が終わってお客様を新郎新婦がお見送りするときに渡すことが多いです。
料理が並ぶテーブルに置いておいても良いのですが、持って帰るのを忘れられてしまう場合がありますし、せっかく心を込めて用意したものでも、いらないものと判断されてしまうと敢えて持っていかないと判断されてしまうことも考えられます。
プチギフトは、直接渡しながらお礼として渡すとより感謝の気持ちが伝わります。
結婚式ではたくさんのお客様がおめでとうと声をかけに来てくれたり、一緒に写真を撮ったり、お色直しやプロフィールビデオ上映などの自分たちの演出で、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
初対面の人もいますし、一人一人とゆっくり話すどころか、一言も言葉を交わせずに終わってしまう人も出てきます。
そのような人には、プチギフトを渡しながら一言お礼を言うだけでこちらの気持ちが伝わりますし、お客様にも来てよかったと思ってもらえるでしょう。
お客様が退場するときは一気に押し寄せてきますので、最後の一人が帰るまで慌てず急がず、丁寧に対応するように心がけましょう。