賃貸の入居審査ではなにが確認される?

賃貸の入居審査ではなにが確認される? 賃貸の入居審査で確認されるのは、家賃を払える能力がある、他の入居者に迷惑をかけるような人物ではないか、保証人はどんな人か、といったことです。
入居審査を行うのは、家主と不動産会社です。専門の機関で審査するわけではありません。
職業と収入、家族構成、保証人の3つをチェックされることが多いですが、その他に不動産会社の営業マンが感じた印象を審査に反映されることもあります。
なので、あまりにも横柄な態度をとっていると審査に落とされてしまう危険性があります。家賃交渉などを積極的に行うのは良いですが、あまりにもしつこいと嫌われてしまうこともあるので、その点には注意しましょう。
賃貸の入居審査で職場などに連絡が行くケースは少ないですが、明らかにあやしいそぶりを見せている場合には確認されることもあります。
もしかすると借りたい一心で職業を偽っている可能性があるからです。経済力がないのに借りてしまうと後で借主が困ることになるので、嘘はつかないようにしましょう。

テラスハウスの賃貸は狙い目

テラスハウスというと、どんな形態の住宅であるか即座に思い浮かぶ人はそう多くないでしょう。
昔は一般的によく見られたいわゆる長屋建ての住宅のことで、一棟に複数の住戸が連なって建てられているタイプの賃貸住宅です。室内に階段のある2階建てとなっており、比較的戸建てに近い居住感が得られることで人気のある賃貸住宅です。
テラスハウスのメリットは、その防音性です。一般のアパートやマンションは上下階や隣室に音が響かないように気を使わなければなりませんが、テラスハウスは上下に関する音に関してはさほど気にかける必要がありません。
音は左右よりも上下によく伝わる性質がありますので、この点は大きなメリットです。もちろん隣家に気を配る必要はありますので注意しましょう。
また2階建てですので、プライベートな空間を多く確保できることも挙げられます。生活時間帯の違う夫婦や子育て世帯に適しています。
デメリットは階段がある分その空間がデッドスペースとなり、実際の専有面積に対し広さ感が得にくい点が挙げられます。
また上下階に分かれる構造のために光熱費も若干増える傾向にあります。
生活スタイルに合えばテラスハウスはおすすめです。検討する価値ありの物件と言えるでしょう。